鍛える?使う?使える体幹とは

こんにちは。

 

なにか運動するごとに上体がブレて、体幹が弱いと感じることも多いのではないでしょうか。

 

 

体幹トレーニングという言葉が定着している昨今ですが、そんな体幹について考えます。

 

そもそも体幹とは???

 

 

 

 

パッと頭に浮かぶのは手脚と頭を除いた部分というのがイメージできますね。

 

 

 

体幹の細かい筋肉群の説明はGoogle先生にお任せするとして、体幹は鍛える必要があるのですが、

 

代表的な体幹トレーニングといえば、

 

プランク

サイドプランク

 

ダイアゴナル

 

ヒップリフト

 

 

レベルが上ってくると、

 

V字レッグレイズ

 

シングルレッグ・サイドプランク

 

など、地味でものすごくキツいトレーニングがあります。

 

 

 

ただ、このキツいトレーニングをたくさんやって体幹が鍛えられても、体幹の使い方はうまくなりません。

 

せっかく体幹を鍛えたのですから、体幹をうまく使えるようになる必要がありますよね。

 

 

 

では、体幹のトレーニングに対して、体幹を使ったトレーニングとは?

 

 

マウンテンクライマー

 

スパイダープランク

 

プランクツイスト

 

ランジ

 

 

専用の器具が必要になりますが、

バトルロープ

 

などです。

 

 

つまり、体幹を使ったトレーニングとは体幹以外の部分の四肢(手脚)を大きく動かすトレーニングになります。

そして、運動するときに四肢を大きく動かしていると、自然と体幹も鍛えることができるのです。

 

 

 

 

 

さて、キックボクシングでは、

 

 

パンチを打つ動作はもちろん

 

 

ヒザ蹴り

 

前蹴り

 

ハイキック

 

 

四肢を大きく動かす動作がたくさん出てきます。

 

キックボクシングでは四肢をたくさん使って技を繰り出すため、自然と体幹も鍛えられるのです。

 

他のスポーツ競技に比べても、これだけ四肢を動かす運動競技は少ないのではないでしょうか。

 

体幹が自然と鍛えられ、太りにくく疲れにくいカラダづくりができることも、キックボクシングの大きな魅力の1つです。

 

 

 

やみくもに体幹トレーニングすることも大切ですが、

 

キックボクシングでたくさんのパンチ、キックを打っていると、

 

音や振動が伝わってきて爽快感があり、

 

楽しく汗を流すことができて、さらに体幹を鍛えることもできますよ。

 

 

キックボクシングで楽しくサンドバッグやミットを打って、体幹を使ったトレーニングを意識してみてはいかがでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ANCHORAGE “kickboxing studio”
——————————————————————–
〒815-0033 福岡県福岡市南区大橋1-14-8 カーサクワトロ2F
TEL : 092-555-3302 FAX:092-555-3537
  
Facebook Twitter Instagram Google+ LINE@ YouTube 

<LINEスタンプ>
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

page top