キックボクシングとは

キックボクシングとは

 タイ王国の国技ムエタイの試合ルールを参考にして、日本で考案された打撃格闘技です。略した通称として単に「キック」とも呼ばれています。キックボクシングのルールは大きく分けて、パンチと蹴りを中心とした激しい打ち合いを展開する「K-1ルール」と、パンチと蹴りに加え肘、膝、そして首相撲による攻防を繰り広げる「ムエタイルール」があります。

 当スタジオでは、立ち技競技の中でも最もルールの幅が広いムエタイルールを中心とした打撃の指導を行っております。

キックボクシングは、パンチやキック、膝、肘を使って全身をくまなく運動できるので、無理なく有酸素運動ができて脂肪燃焼に最適。また、大きくカラダを動かすことで関節の可動域も広がるためダイナミックストレッチの効果もあり、凝り固まった筋肉の緊張もほぐすことができます。さらに、サンドバッグやミットを打つと、大きな音が出て振動を感じることができるので、爽快感がありストレス発散にも効果的です。

そして、競技性のあるキックボクシングなので、上達すればトレーニングの成果を試すために試合に出場することも可能です。もちろん、その場合は試合でケガしないようにガードのトレーニングを重視していきます。ダイエット、ストレス解消が目的でもつい長くやってると、目標を見失いがちになってしまい、継続することが難しくなってしまいます。長くトレーニングを継続するためにも、スポーツ感覚でキックボクシングのトレーニングに励み、定期的に開催されるキックボクシングの試合に出場してみてはいかがでしょうか。

楽しみながらトレーニングできれば、継続することができ、体重が落ちてインナーマッスルも鍛えられ、いつの間にか細マッチョになっていたなんてことも。

様々な部分で楽める要素があるキックボクシングを、ぜひご自身で体験してみましょう。


LINEで送る
Pocket

page top