ムエタイの強さ?

ムエタイ選手はものすごく強いというイメージがありますね。
125778838414716222878

でも、その強さはどのような背景からでしょうか?

 

 

タイの国技ともなっているムエタイですが、まずタイの現状を知りましょう。
map

東南アジアに位置するタイは、1年間に雨季と乾季、暑季があり年間を通して気温の高い地域です。

国土面積は日本の380k㎡より約1.4倍広い513k㎡ですが、タイの人口は日本の約半分となる7,000万人弱です。
タイの正式名称は「タイ王国」で、国王が政権に介入する独立国家です。

タイの人たちは国王を崇拝しているので、国王の写真と一緒に入場してくるムエタイ選手も多いですね。

とはいっても、国王も憲法によって様々な制限があり、まだ記憶に新しい2014年に起きた軍事クーデターにより、軍が政権を握っているのが現状のようです。

 

タイは政権や経済がまだまだ不安定な状況もあるため、日本や欧米のような先進国ではなく発展途上国に分類されています。

 
そんなタイですが、首都バンコクはというと日本の都市部と変わらない高層ビルが立ち並ぶ経済都市です。
pipitou08

 

 

 

そのバンコクには、毎日のようにムエタイ選手がしのぎを削るスタジアムがあります。
ムエタイ選手は毎月のように試合しているので、年間10試合以上で20試合を超える選手もいるようです。

そして、ムエタイ選手のファイトマネーは一流選手で1試合10万バーツ(約34万円)ほどと言われます。
500_20834748
バンコクで働くタイ人の平均月収は3万バーツ程度と言われるので、一流のムエタイ選手はその約3倍なのでそれなりの収入があるようです。

 

 

 

そんなムエタイ選手の強さの秘訣はなんでしょうか?

 

 

 

実は、バンコクのように、経済が発展している都会でムエタイを始めるタイ人は少ないのです。

逆に、タイの田舎の地域のほうが、子供たちがムエタイの試合に出場してファイトマネーをもらって、家計をサポートするケースが多いのです。
5a0cff4d55e04f39612e376ff32db643

そして、そういった地方で活躍した選手が、バンコクなどの都会のムエタイジムにスカウトされ、毎月のように大きなスタジアムで試合をしています。

 

 

 

バンコクの一流の選手ともなると1試合が10万バーツほどと述べましたが、ジムによりますが大体50%〜70%がマネジメント料としてムエタイジムに徴収され、残りが選手自身の収入となります。

そして、その収入のなかから田舎の家族に仕送りしているので、手元に残るのは最低限の生活費になる選手も多いようです。
また、タイ最大の都市と言われるバンコク以外の地方都市にも、ムエタイのスタジアムは多数あります。
o0600080011733715723

しかし、そのファイトマネーはバンコクに比べると低く、その都市の経済状況によって様々です。

タイで国技となっているムエタイというのは、一流選手はそれなりの生活が保障されてますが、二流、三流の選手にとっては、実はムエタイが生活費を稼ぐ手段というのがまだまだ現状のようです。
そんな地方でしのぎを削って勝ち上がった選手がバンコクに集まって実績を残しているので、ムエタイの競技人口は日本に比べて遥かに多いと予測されます。

 

ムエタイの強さ、それは、小さい頃から生活費を稼ぐため日々トレーニングと試合に明け暮れるというハングリーな環境から勝ち抜いてきたものだから、ではないのかと考えます。

日本や欧米のような先進国では、ある程度生活が確保された状況でキックボクシングなどの格闘技を始めるので、そもそもそのハングリー精神が違うのかもしれませんね。
10382295_593695494086670_3882569433673995331_o

 

とは言っても、K-1などの影響からか、最近は日本でも小中学生からトレーニングに励んで、日本やタイで試合をして実績を残している選手もいるので、日本の格闘技が強くなっているのも事実です。

日本に来るムエタイ選手や、日本でムエタイを教えているトレーナーなどのタイ人もそういった背景を持った人たちであるということを知っておくと、また違った魅力が見えてくるかもしれませんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ANCHORAGE “HAKATA kickboxing studio”
——————————————————————–
〒815-0033 福岡県福岡市南区大橋1-14-8 カーサクワトロ2F
TEL : 092-555-3302 FAX:092-555-3537
Web : http://www.anchorage.asia MAIL: contact@anchorage.asia
facebook: https://www.facebook.com/anchoragekick
twitter: https://twitter.com/anchoragekick
LINE: http://accountpage.line.me/anchoragekick
LINEスタンプ: https://store.line.me/stickershop/product/1037978/ja
        https://store.line.me/stickershop/product/1137294/ja
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

LINEで送る
Pocket

コメントする

page top